塔ノ上総合病院で働く橋岡カンナさん|看護師に関わるお仕事解説サイト【看護師求人ステーション


入院患者・近藤あゆみさんについて

なぜ、入院しているんですか?

お腹の中に腫瘍が見つかったのですが、それが良性なのか悪性なのか、調べるための入院です。現時点で検査結果がまだ出ていないそうなので、何とも言えない状況らしいです。いまはただ、悪性ではないことを祈っている状況です。

入院してこの病院のいいなと思ったところは?

この地域で病理診断の専門医(病理医)がいる病院と言えばこの病院……と言われているところですね。

病理診断科について

どういった事をするのですか?

病理診断科は、患者さまの病状やデータを分析し、導き出された診断結果を各診療科に提供していくという部門です。最前線で患者さまの治療を行う各診療科への「後方支援部隊」といった位置づけでしょうか。

辛いと思うことは?

一般の診療科の看護師とは、仕事内容が本当にかけ離れているということですね。看護師とはいいながら、医療行為(医師のサポート)はおろか、患者さまの看護をする機会が全くないですからね。はっきり言って、看護師らしい仕事をしたいという方には向いてません(笑)

どんな患者さんがいますか?

当院は、病理診断科が設置されているということもあって、主にセカンドオピニオンを目的に来院される方が多いですね。

この病院(病理診断科)の求人情報

給与:月給266,600円~

待遇:交通費全額支給・車バイク通勤可能・託児施設あり

病理診断科長より:病理診断科は、いわば患者さまの病状についての最終診断を下す大変重要な部門です。そのため、とにかく長時間高い集中力を維持できる方が必須条件ですね。

人気のワード:

Copyright © 2017 看護師に関わるお仕事解説サイト【看護師求人ステーション All Rights Reserved.